勉強会で学んだ事をお伝えさせてもらいます!〜香粧品科学研究所〜

 

皆さまおはようございます!

今日は少し前なのですがメナードの勉強会に参加させていただいた時に香粧品科学研究所の方が勉強会をしてくださりその時に教えていただいた事を

簡単にまとめさせて頂きたいと思います。

Q&A形式で書かせて頂きたいと思います。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・*

①Q:自然のものは肌に優しいので化粧品も自然のものを使いたい

A:天然なものは安全というイメージがある。だが自然なものだけで作るとすぐ腐ってしまう。化学製品も安全なので組み合わせて使い、何より安全性を維持する事が大切。

 

②Q:原料が大切だから鉱物油ではなくミネラルオイルを使うべき?

A:鉱物油は英語でミネラルオイル。鉱物油という名前のイメージで悪いものだと思われがち。昔鉱物油で日焼けした例があったがそれは当時、中に不純物が入っている事があったためこの不純物が原因だと考えられる。鉱物油の代表はワセリン。

 

③Q:無添加でないとシミができる?

A:無添加とは本来『そのもの以外に何も入っていない』というもの。だが現在は無添加と表記して良い基準が、他に何が入っている明記して入れば無添加と表記して良いことになっている。

 

④Q:ハラベンは肌に悪い?

A:ハラベンは多くのものに使われている防腐剤。より安全性を保つため必要なもの。但し稀にアレルギーを起こす人もいる。

 

⑤Q:香料ありは肌に悪い?

A:肌への負担はない。無香料との違いは香りがあるか無いかだけ。嗅覚は五感の中で唯一理性を通らないので良い香りを嗅ぐと反射的に幸福感が増す。

 

⑥Q:シリコンはどんな役目?

A:シリコンは熱や光に強く汎用性が高い。とても安全な素材。髪の毛穴を埋めることは無い。但し髪表面に大量に残っていると毛染めの際染まりにくくなる。

 

⑦Q:紫外線錯乱材とは?紫外線吸収剤とは?

A:紫外線錯乱材とは紫外線を反射してくれる。ただし粉なので白くなりやすく粉っぽくなる。紫外線吸収剤とは吸収剤が紫外線を吸収して反射してくれる。また油なので肌馴染みも良い。肌に吸収するのではなく吸収剤が吸収するので安心。

 

⑧Q:界面活性剤とは?

A:水と油、粉と水などを混ぜる時に馴染みやすくする働きがある。そして均等にして安定化させておける。卵は界面活性剤の役割を果たすのでマヨネーズは分離しない。乳化させるのに役立つ。

 

⑨Q:医薬部外品とは?

A:化粧品と医薬品の中間。ある効能を持つ成分が含まれているもの。薬用と書いているものは医薬部外品と考えて良い。ただ薬用と書いていなくても医薬部外品の物もあるし逆もある。

 

⑩Q:ファンデーションをつけっぱなしはダメなのにファンデーションはつける必要がある?

A:ファンデーションは悪いものでは無いが付けたままにすると皮脂が混ざり酸化して肌にダメージを与える。ファンデーションの表面が硬くなる場合はパフについた皮脂などが付き酸化して硬くなる。またスキンケアと日焼け止めで紫外線から守れるので日焼けだけに焦点を当てるとファンデーションは不要に思うがファンデーションを付けることで肌をキレイにする事で気持ちが上がる。

 

11Q:しっとりタイプとさっぱりタイプでは保湿成分に違いがある?

A:テクスチャーの違いで保湿成分にさほど違いはない。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・*

以上簡単にまとめさせて頂きました。

化粧品に関しては様々な考え方や自分に合ったものなど様々あると思いますがきちんと学ぶ事で自分自信で取捨選択できる力が必要だと思いました。

まだまだ勉強しないといけないな。

 

 

それではまた次回もお会いできればと思います♡

by SAORI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です