FP3級勉強記録【不動産】

本日は最近取得に向けて勉強しているFP3級の勉強のアウトプットをしたいと思います。

美容とは関係ない内容ですが…(笑)

01DFF22A-9286-4811-9010-90B9BB60683E

ご興味のある方は最後までお付き合いください♩

FPについてや、家計管理のみの内容を投稿しているブログも別で作っているので、そちらの方もご興味のある方は是非遊びにきてください(o^^o)

http://ameblo.jp/chokinshufusaori

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

相続税の放棄

自己のために相続の開始があった事を知った時から原則3ヶ月以内にその旨を家庭際裁判所に申述する。

 

遺留分

法定相続人が最小限の遺産を受け取る。

配偶者のみ、子のみ、配偶者と子のみ等:被相続人の財産×1/2 直系尊属のみ:被相続人の財産×1/3

 

配偶者の税額軽減

配偶者が取得した財産が次のいずれか多い金額まで相続税がかからない。

①1億6000万②配偶者の法定相続分

 

遺産に係る基礎控除

3000万+600万×法定相続人の数

 

贈与税の非課税財産

法人から贈与された財産(所得税(一時所得や給与所得)の対象となる)

 

相続時精算課税制度

親世代が財産を早めに子世代に移転できるよう贈与時に贈与税を軽減(2500万まで贈与財産は非課税、非課税学を超える分は一律20%)し、その後の相続時に贈与分と相続分合算して相続税を計算できる制度。選択適用なので、通常の贈与税として納付することもできるし、この制度を選択することもできる。

贈与者は満60歳以上の父母または祖父母、受贈者は満20歳以上の推定相続人である子または孫。

最初に贈与を受けた年の2月1日から3月15日までに手続きをする。控除額あ増誉財産の合計が2500万まで非課税。

 

贈与税

原則贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までに申告書を、その者の住所地の所轄税務署長に提出。

 

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例

受贈者が30歳未満の子や孫など。合計所得金額が1000満以下のものに限る。非課税限度額は受贈者1人につき1500万まで。

 

小規模宅地等の評価減の特例

被相続人の住居用や事業用であった宅地に高額な相続税を貸した場合、被相続人が死亡した後に相続人が移住したり事業を引き継ぐことが出来なくなるので一定の割合の評価減を受けられる。

住居用は限度面積330m2、減額割合80%。貸付事業用宅地等は限度面積200m2、減額割合50%。

 

取引相場のない株式の評価

類似業種比準方式:上場している類似業種企業の株価を元に配当、利益、純資産の3つの要素を加味して評価額を算定。

純資産価額方式:その会社の純資産を相続税評価額(時価)で評価し、それを発行済み株式数で割ることで1株あたりの評価額の算定。

配当還元方式:その会社の直前2週間の配当金額をもとに評価額を算定。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

2020年3月 第1子 息子出産予定

‘20年 貯金目標 100万円

‘20年 FP3級取得目標

 

夫1馬力家庭

ポイ活やメルカリ販売など家計にプラスになるよう色々模索中!

貯金先輩方、また一緒に貯金頑張ろうと思っている方、フォローお待ちしてます(*´꒳`*)

いいね!、コメント励みになります!

 

最後にInstagramとTwitterのアカウント掲載しますのでフォローお願いします!

Instagram(メイン):oo00saori00oo

Instagram(節約、FP記録等):chokin_shufu_saori

Twitter:oo00saori00oo

Twitterではブログを更新するとツイートしています。

 

 

メインのこのブログでは趣味の美容や読書記録など、私の好きなものだけを綴っております(*´꒳`*)♡

 

 

 

それではまた次回もお会いできればと思います♡

by SAORI

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です