2020年本屋大賞作品名紹介!

皆様こんばんは!

本日は毎年楽しみにしている本屋大賞が決まったので、そちらのタイトルをまとめてみました!

緊急事態宣言が解除されましたがまだまだステイホームが推奨されていると思いますので、この機会に気になるタイトルをご自宅で読んでみるのはいかがですか?(*´꒳`*)

 

 

本屋大賞とは?

2004年に設立されたNPO法人本屋大賞実行委員会が運営する文学賞です。

新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の投票によってノミネート作品および受賞作品が決定されます。

キャッチコピーに「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本」として、書店員こそが本と読者を最もよく知る立場にあると主催者は位置付けて、投票資格者を書店員主体であることを強調しています。

従来の賞のように編集者が介入することがない点や、一次投票の結果が最終投票に向けた対象のノミネート作品に直結しているので実行委員会などに根回しやすり合わせなどがない点などがこの賞の特徴と言えます(^-^)

 

参考:ウィキペディア

 

2020年本屋大賞の結果発表経緯

一次投票には全国の477書店より書店員588人、二次投票では300書店、書店員358人の投票により決定!

二次投票ではノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票して決定しています。

 

受賞作品の順位はこちら!

大賞:【流浪の月】 凪良ゆう 432点 東京創元社

2位:【ライオンのおやつ】小川糸  380点 ポプラ社

3位:【線は、僕を描く】 砥上裕將 327点 講談社

4位:【ノースライト】 横山秀夫 277.5点 新潮社

5位:【熱源】 川越宗一 214点 文藝春秋

6位:【medium 霊媒探偵城塚翡翠】 相沢沙呼 198点 講談社

7位:【夏物語】川上未映子 156点 文藝春秋

8位:【ムゲンのi】知念実希人 147.5 点双葉社

9位:【店長がバカすぎて】早見和真 105.5点 角川春樹事務所

10位:【むかしむかしあるところに、死体がありました。】青柳碧人 91.5点 双葉社

 

翻訳小説部門

1位:【アーモンド】 ソン・ウォンピョン著 矢島暁子訳 祥伝社

2位:【掃除婦のための手引書】ルシア・ベルリン著 岸本佐知子訳 講談社

3位:【三体】劉慈欣著 大森望、光吉さくら、ワンチャイ訳 早川書店

発掘部門

(ジャンルを問わず2018年11月30日以前に刊行された作品の中で時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと思う本をエントリー書店員が1人一冊選び、その中から実行委員が選出した作品のこと)

【無理難題が多すぎる】土屋賢二 文藝文庫

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

毎年楽しみにしている本屋大賞♡

読書ライフを楽しんでいる私にとって大切な一冊となった【かがみの孤城】は2018年に本屋大賞を受賞していて、この一冊から作者の辻村深月さんは大好きな作家さんの1人となりました(*´꒳`*)

今や辻村フリークなので彼女の作品はかなり読んできています♡(笑)

書店員さんが選んだ本というのが私としてはすごく興味深いんです。

だって毎日のように大量の作品が世の中に生まれ、それら沢山の本に常に触れている店員さんが「おもしろい!」というんだから、どんな作品なんだろ?ってめちゃくちゃ気になりませんか?(笑)

もちろん、本だけでなく映画や絵もそうですが世に言う作品というものって個人の感性によって差があるものだと思います。

あの人が好きだというものが自分にとって好きになるかは全然わからない。

だけど、世界中には無限と言っても良いくらい沢山ある「作品」を限られた時間の中で出会わないといけないから、誰かの良いをアテにしても良い気がしています(^-^)

 

本屋大賞の流浪の月は読了していて、今は線は、僕を描くを読んでいます。

知念実希人さんのムゲンのiもすでに読了してました!

育児しながらなのでなかなか以前のようにたっぷり読書の時間に充てられないけど、そんな中でも読書ライフは引き続き楽しんでいます♡

やっぱり本って最高♡

 

何かオススメの本などありましたら是非コメントに残してください♩

あなたの「良い」を参考にしたいです(*´꒳`*)

 

 

最後にInstagramとTwitterのアカウント掲載しますのでフォローお願いします!

Instagram(メイン):oo00saori00oo

Twitter:oo00saori00oo  Twitterではブログを更新するとツイートしています。

メインのこのブログでは趣味の美容や読書記録など、私の好きなものだけを綴っております!

 

それではまた次回もお会いできればと思います♡

by SAORI

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です