美的4月号の内容を少しご紹介

みなさまこんばんは!

本日は美的4月号の内容を少しご紹介します。

冬から春に変わってきている最近、肌トラブルも増えているのではないでしょうか。。

今月号はスキンケアに関する項目が多かった印象です。

興味のあるかたは是非最後までお付き合いください♪

 

 

⚫︎肌タイプ別に安全な角質ケアを指南◎冬→春スキンケアはそーっと脱皮から

 

寒さが緩み始めるこの時期は、乾燥してごわついたり潤いバランスが乱れてニキビができたりと肌が不調に陥りがち。さらに今年はマスクによる肌荒れや毛穴詰まりも気になります。そんな肌にはマイルドな角質ケアを取り入れて、そーっと脱皮を!

指南してくれるのは銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子先生。

「皮膚がボロボロむけるハードなものはリスクも大きいですが、マイルドな角質ケアなら定期的に取り入れることでバリア機能を強化することができます。」(慶田先生)

 

Q:角質ケアは毎日取り入れるのはNG?

A:おすすめ使用頻度はアイテムによって異なります。

「洗顔料やマスクなどはやりすぎを防ぐために日を開けて使うことがオススメですが角質ケア成分の濃度が低いマイルドな美容液なら毎日でもOK」(慶田先生)

Q:やめておいた方がよい肌タイプ&肌状態は?

A:重度のアトピー性皮膚炎や湿疹がある時は避けて

「肌が炎症を起こしている時は角質成分が刺激になって炎症が悪化するので避けて。アトピー性皮膚炎でも症状が落ち着いている時は問題はありません。」(慶田先生)

Q:どんなコスメがおすすめですか?

A:肌に摩擦の刺激を与えずにケアできるものを選んで

「スクラブなど肌に物理的にこするアイテムは摩擦で肌に負担がかかるので要注意。」(慶田先生)

 

 

⚫︎口もとゆるみはこう正す!

マスク生活もはや一年…ふとマスクを取って鏡を見たら自分の顔にギョッとする人も少なくないのでは⁈そんなマスク老けに警鐘を鳴らすのが歯科医師であり口もと美容のスペシャリストでもある石井さとこ先生。

「口もとの老化は加齢も関係しますがマスク必須の日々か続き明らかに口とへの意識がおろそかになっているのが大きな要因。口角をキュッと上げてポジティブに暮らすことが老け撃退の近道です!」

 

⚫︎美白ケアを制するにはまずは成分に詳しくなることから

年間を通してやるべきだと分かっていてもやっぱり美白ケアへの意欲が高まるのは春!ブランドで選ぶのも楽しいのですがその中身の要となる美白有効成分についても少し詳しくなってみませんか?

そもそも美白有効成分とはシミ・そばかすを防ぐ効果が認められ、かつ安全性も高いと公的に認可された成分のこと。それを一定量配合し、安全性や安定性が認められたものが医薬部外品の美白コスメです。

シミの原因であるメラニンが肌の中で増殖するのを防ぐというのが共通のゴールですが成分の種類によって肌への作用は様々。それを知った上で選ぶ事で効果がより分かりやすくなる!

是非美白コスメ選びの参考に!

 

◎代表的な美白有効成分をピックアップ!

 

 

◎現在日本で使われている美白有効成分はこの15種

上の5種を含む全15種。ひとつひとつの成分がメーカーの努力の結晶です!

 

◎美白有効成分が配合されていれば美白化粧品になる?

これらの成分が配合されているだけでは美白化粧品とうたうことができません。配合比率などのルールに沿って処方し、安全性や効果の安定性の試験をクリアしたものだけだ医薬部外品の美白化粧品です。

 

⚫︎2021美白&UVスター、あなたです。The Bihaku U選抜オーディション!

仮想美容プロデューサーU.V.パークさんがナビゲート!これから世に出る最新美白&UVアイテムたちからキラッキラのエリートを選出!その中からこれからの季節にあなたの肌を守り輝かせる推しの一本を見つけてね!

選抜チームはSerum(美白美容液)Protection(UVケア) Formation(ブースター、化粧水、クリーム、マスク)

 

チームS(美白美容液)

美白美美容液というとメラニンをどう抑え込むかという側面がフォーカスされがち。でもメラニンってあくまで肌の中の黒いスポットでしかない。肌全体をきれいにするには面で透明感を出さなくちゃ。そこで面のきれいにどうアプローチするかが個性の見せ所。

 

チームP(UVケア)

はっきりいってプロテクション部門は粒ぞろい。ここ数年競争が激しくてみんな一定レベル以上。白くならないかとか、きしまないかとか。保湿機能を兼ね備えているなんて当たり前。その上でいかに個性を出していくか。自分の1番欲しい機能を見極めることが大切!

 

チームF(ブースター、化粧水、クリーム、マスク)

とにかく言いたいのは今年は肌を白くするチャンスだということ。外出の機会が減って紫外線をあまり浴びなかった分、美白ケアの成果を出しやすいのです。そこでブースターやマスクといったフォーメーションチームの出番。できれば推しは一つに選ばず組み合わせの妙味を楽しんで欲しい。相乗効果も期待できます!

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

以上簡単ではありますが美的4月号の内容を少しご紹介でした。

今回はスキンケア系をご紹介しました!

メイクも気になるけどやっぱりスキンケアが今は1番気になる!

季節の変わり目だし、紫外線も厳しくなっているし、マスク生活というイレギュラーなこともあったし…。

後、最後の虹プロジェクトのパロディは個人的にすごく可愛いと思いました(笑)

本家の虹プロも大好きで全話見ました( ✌︎’ω’)✌︎✌︎(‘ω’✌︎ )

 

それではまた次回もお会いできればと思います♡

 

by SAORI