【書評】硝子の塔の殺人を読みました!

みなさまこんにちは。

今回は、話題沸騰中の一冊、知念実希人さんの【硝子の塔の殺人】を読んだので、私なりに書評をしてみたいと思います。

本題に入る前に、まずはこの本めちゃくちゃおもしろかったです!(拍手)

お時間ある方ぜひ最後までお付き合いください。

 

まずはあらすじ。

 

✏︎あらすじ

500ページ、一気読み! 

知念実希人の新たな代表作誕生。

作家デビュー10年 実業之日本社創業125年 記念作品。

 

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。 

地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔だ。 

ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、 刑事、霊能力者、小説家、料理人など、一癖も二癖もあるゲストたちが招かれた。 

この館で次々と惨劇が起こる。 

館の主人が毒殺され、 ダイニングでは火事が起き血塗れの遺体が。 

さらに、血文字で記された十三年前の事件……。 

謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。 

散りばめられた伏線、読者への挑戦状、 

圧倒的リーダビリティ、そして、驚愕のラスト。 

著者初の本格ミステリ長編、大本命! 

✏︎

 

⁡こちらは著者知念実希人さん初の本格ミステリーということで、発売前からとっても気になっていました。

知念さんといえば、小説家であり現役のお医者様でもある方。

知念さんの作品は、【ムゲンのi】【ひとつむぎの手】【崩れる脳を抱きしめて】を読んだことがあります。

知念さんは現役のお医者様ということもあって、医療ミステリーを中心に書かれている方なのですが、本作は著者初の本格ミステリー

私は語れるほどミステリを読んでいないので、いち知念実希人ファンとしてお話させていただきます。

 

知念作品の多くで見られる終盤の文章が丸々プロローグに書かれていて初めに犯人分かるタイプです。

その時点で、煽りに煽られた前評判を超えられるのか…?と、誠に失礼ながら心配しながら読み始めました。(._.)

でも読み終わったら…いやぁこれくらいの感想書きたくなるよな!!!と納得しました。

 

大のミステリフリークの大富豪が建てた巨大な尖塔、硝子の塔に個性的なメンバーが集められます。

そこで起こる連続殺人事件。

名探偵、そしてワトソンも現れて謎解きが始まります。

この名探偵が、またまたとっても個性的で、容姿端麗な女性でありながら服装はというとシャーロック・ホームズにそっくりな格好、つまり男装をしていて鹿撃ち帽までかぶって、もはやコスプレに近い感じだと思いました。www

服装だけでなく、自分は探偵ではなく名探偵だとあけすけもなく公言して、要所要所で推理を披露するのですがすぐに脱線してミステリの話になってしまう。

それが一回じゃなく本当に何度も何度も脱線してしまうのです。

かなりのマイペース具合。周りは翻弄されっぱなし、最終的にはやや呆れられてしまいます。(´ε` )

この名探偵が語るミステリの話は本当にたくさんのミステリ作品、ミステリ作家たちが登場して、この辺りから著者のミステリ愛を感じました。

 

最後にはミステリ小説ではメインディッシュとなる解決編があります。

焦らしに焦らした名探偵が披露する解決編は、毎度ながらなるほど!と感嘆の声をあげずにはいられません。

この時点でもう十分楽しめた、ミステリ面白いなと思うのですが、まだまだ残りページあるけど、ここには何が書かれているの?と思うわけです。

まさにここには新本格ミステリーとみなさんがおっしゃる所以があるんですね。

本当にまさかの展開で顔を引っ叩かれた位の衝撃でした!!

これは一気読み必至だし、二度読み必至です。

もう一度全てを忘れてこの物語に驚かされたい。

読んでしまうのがもったいない、でも読まずにはいられない最高の一冊でした。

以上で硝子の塔の殺人の書評になります。

これから読まれる方がうらやまし…ぜひ気になる方はおてにとって見てはいかがでしょうか?

 

 

by saori

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です